妊婦後期 便秘 原因 解消法

▼▼ オリゴ糖は薬が飲めない妊婦さんにイチオシの便秘解消法 ▼▼

妊娠後期の便秘の原因と解消法は?

妊娠後期ともなると、おなかの赤ちゃんは、かなり大きくなってきて、 ほとんどの妊婦さんが、子宮によって内臓を圧迫されます。 そのため便秘になる人が、一番多いのも、妊娠後期です。

妊娠後期になってくると、便秘のための痛みなのか、 おなかが張っていて痛いのか、わからなくなってしまうこともあります。 おなかが張っていたいときには、横になっていると収まりますが、 便秘が原因の痛みは、横になっていても収まらず、痛みや不快感が続きます。


妊娠後期の便秘の場合、いきむと生まれてしまうような感じがして、 いきむのをためらってしまう妊婦さんも多いようです。 普通、いくらいきんでも、赤ちゃんが生まれてしまうことはありません。 ただし、切迫早産の妊婦は別。強くいきむと危険です。


妊娠後期の便秘解消法は、初期や中期と同じく、 繊維質の多い野菜や果物、オリゴ糖やヨーグルトなどの整腸作用のある食事を 心がけると同時に、運動も、積極的に取り入れるようにしましょう。


骨盤内の血流を促すように、長時間同じ運動をするのではなく、 歩いたり、座ったり、立っていたり、いろいろな体勢を取るようにしましょう。 骨盤内の血流も促され、便秘の解消にもつながります。


妊娠中は、自己流の便秘解消法で、市販の便秘薬を飲んだり、 「便秘に効くお茶」を飲んだりするのは、厳禁です。 便秘薬の成分の中には、子宮を収縮させる効果があるものもあります。 子宮が収縮すると、早産の危険性があるので、絶対にやめましょう。 自己流の便秘解消法を試すよりは、 医師に相談して、妊婦でも使える便秘薬を処方してもらうほうが安心です。


>>> 「腹痛のない自然なお通じ」ならオリゴ糖がイチオシ! <<<

便通の悩みを抱える妊婦の方から「便秘に効いた」と多くの体験談がよせられています。
副作用の心配のない、自然な排便を実感したい妊娠中の方は一度試してみては。


北の大地の天然オリゴ糖一か月分プレゼント

inserted by FC2 system