妊娠中 市販 便秘薬 危険性

▼▼ オリゴ糖は薬が飲めない妊婦さんにイチオシの便秘解消法 ▼▼

妊娠中の便秘薬は医師に処方してもらう

妊娠中は便秘になりがちですが、妊婦は市販の便秘薬を使わないほうがいい といわれています。 妊婦にとって市販薬はどんな危険性があるのでしょうか。


市販薬の成分は様々ですが、どの便秘薬にも共通している点があります。 それは「便秘薬を飲むと、大腸のぜん動運動が促され、排便される」ということです。

妊娠中の子宮と大腸は、密接しています。 大腸への刺激で、ぜん動運動が促されると、子宮へも刺激があり、子宮収縮を起こす恐れがあるのです


また、ヒマシ油は子宮からの出血の危険性ダイオウ、アロエなどは子宮収縮作用もあるとして、妊婦への投与は禁忌となっています。

さらに、自己流の便秘解消法では、 規定の量より多く薬を服用したりする妊婦さんもいるでしょう。

規定量以上飲めば、効果は高まるかもしれませんが、 それだけ子宮収縮作用も強くなる可能性が高く、 流産や早産の危険性も高まるのです。


便秘薬を大別するといくつかの種類があり、 一般的に、妊婦には穏やかな作用で、安全性が高い、膨張性下剤という種類の 下剤が使われます。 また、大腸への刺激性下剤であっても、医師が妊婦の状態を判断して、 慎重に使うのであれば安全です。

子宮収縮や子宮からの出血の危険性を回避する為にも、便秘薬は 医師に相談し、処方してもらいましょう。


>>> 「腹痛のない自然なお通じ」ならオリゴ糖がイチオシ! <<<

便通の悩みを抱える妊婦の方から「便秘に効いた」と多くの体験談がよせられています。
副作用の心配のない、自然な排便を実感したい妊娠中の方は一度試してみては。


北の大地の天然オリゴ糖一か月分プレゼント

inserted by FC2 system