妊娠 便秘薬

▼▼ オリゴ糖は薬が飲めない妊婦さんにイチオシの便秘解消法 ▼▼

妊娠に気づかず便秘薬を飲んでしまったが・・・

市販の便秘薬を常用していた妊婦さんにとって、妊娠に気づく前に 服用した便秘薬の胎児への影響はとても心配かもしれません。 しかし、一般的に、市販の便秘薬による影響は、子宮の収縮によって 起こる流産の可能性以外殆ど無いとされています。

 

そうはいっても、何かあるのではないかと心配しながら 妊娠生活を過ごすのは精神的にもよくないので、主治医に相談することをお勧めします。 記憶にある限り、いつ、どの便秘薬を、どれくらいの量服薬していたのかを 知らせることが大事です。

 

ちなみに、胎児が薬の影響を受けやすいのは妊娠4週〜15週 です。前半は心臓、中枢神経、消化器、肢体等の器官が 作られる時期なので特に注意が必要です。 後半は性器や口蓋などが完成する時期なので引き続き注意が必要です。

 

ただ、前述の通り、市販の便秘薬が胎児に与える影響は さほど無いと言われています。 あまり深刻にならず、まずは主治医に相談して、今後の便秘 対策も含めてアドバイスを受けましょう。

 

>>> 「腹痛のない自然なお通じ」ならオリゴ糖がイチオシ! <<<

便通の悩みを抱える妊婦の方から「便秘に効いた」と多くの体験談がよせられています。
副作用の心配のない、自然な排便を実感したい妊娠中の方は一度試してみては。


北の大地の天然オリゴ糖一か月分プレゼント

inserted by FC2 system