妊婦 便秘 食べ物

▼▼ オリゴ糖は薬が飲めない妊婦さんにイチオシの便秘解消法 ▼▼

妊娠中期以降は食事による便秘解消法が効果的

妊婦の便秘解消法として、食事による便秘解消が勧められます。 つわりの時期は、食べるのが難しい妊婦さんも、 妊娠中期になり、安定期に入ると、食欲も戻ってきます。 妊娠中期以降は、食事での便秘解消法が効果をあらわしてくる時期です。

便秘によい食べ物は、繊維質の多い野菜、ペクチンを多く含む果物、 ミネラル類の多い海草類、乳酸菌を含んだヨーグルトやチーズなどがあげられます。


さつまいも

さつまいもは繊維質の多い根菜。 さつまいもを切ったときに出る白い液は、パラピンという成分で、 パラピンも、便秘の解消に効果があります。


寒天・こんにゃく

寒天やこんにゃくは、食物繊維がとても豊富。 ほとんどが水分で、カロリーもとても低く、 体重制限を受けることが多く、便秘がちな妊婦さんには、おすすめの食材。


ニンジン、トマト、りんご

ニンジン、トマトなどの野菜やりんごなどの果物にはペクチンと呼ばれる 水溶性食物繊維が豊富。 彩りもきれいなので、食のすすまない妊婦さんの 目を楽しませ、食欲も刺激してくれます。


納豆

納豆は大豆たんぱくに含まれる食物繊維が便秘解消に役立つだけでなく、 納豆菌が腸内の善玉菌を増やしてくれるため、整腸作用や便秘の改善に効果が 期待できる食材です。


ゴマ

ゴマに含まれる不溶性食物繊維は、便の量を増やし、 食物繊維自身が水分を保って、便の柔らかさも保ってくれます。

また、ゴマには鉄分も豊富。 鉄分不足で、便秘にも悩まされている妊婦さんは、 ゴマを積極的に取るといいでしょう。 むきゴマでは効果がなく、すりゴマがの方がセサミンなどの栄養成分の 吸収がいいと言われています。


妊婦さんは、便秘だけでなく、鉄分不足やカルシウム不足など、 ミネラル類の栄養不足が、指摘されがち。 便秘解消法としてバランスのよい食事を心がければ、 鉄分不足やカルシウム不足なども解消でき一石二鳥ですね。


>>> 「腹痛のない自然なお通じ」ならオリゴ糖がイチオシ! <<<

便通の悩みを抱える妊婦の方から「便秘に効いた」と多くの体験談がよせられています。
副作用の心配のない、自然な排便を実感したい妊娠中の方は一度試してみては。


北の大地の天然オリゴ糖一か月分プレゼント

inserted by FC2 system